いつか月夜の下で

ここはシルバーレインのPCミリア・シルフィストと天照・鋼牙のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
あーはい。
背後のうっかりスキルが発動して思わぬミスに気づいたので
改訂版を書いてみますー

あ、でも、一応脳内では色々と考えてますので
それをうまく文章化できればいいなぁ…と思っています。


では、追記からどうぞー


「なぁー鋼牙ー何で俺、あんな事言われたんだろうなー?」
「……いや、行き成り来て子供になってくれねぇ? はねぇだろ……」

はぁ、と溜息をつく鋼牙。
今日は珍しく店に父親がやってきて何事か? と思ったらくだらねぇ事を言ってきやがった。
ちなみに、今は夏休みな為俺は終日店に居る。
だが、それでも、親父が来るなんてそう、ある事ではなかった。

「だってよー。鋼牙の妹って事は俺のガキって事になるんだろ?」
「まぁ、確かにミリアと俺は血の繋がった兄妹だがよ……」
「はぁ……俺、これからどうすっかなー」

なんてぇか……これが組の親分って言うんだから笑えるよな。
まぁ、顔に傷がある時点でちっと……堅気には見えねぇんだがな。

「ってか、こればっかは仕方ねぇだろうに……ミリアだって今は親がいるんだしよ」
「あー…………」
何かそういうと親父は目頭を押さえていた。
「ま、そうなんだけどなー……まぁ、いいか。とりあえず、この話は保留だな」

そう言うと親父はいやらしい笑みを浮かべながら食器洗ってる俺に向かって
「ああ、そうそう鋼牙。史恵ちゃんとは何処までいったんだ?」

ガチャーン!!

「ちょ…ば…何いきなり世迷言言ってんだ!!!」

鋼牙はつい力んで食器を粉砕してしまった。
勿論、顔は若干赤くなっている。

「あっれぇー? 俺が調べた情報だとそんな赤くなるような事はしてねぇ筈だが?」
「ぐ……うっせぇよ……どうせ、俺はキスだけで真っ赤になる男だ……」

耳まで赤くなってる鋼牙を見て爆笑中の父親。
鋼牙は、殺意を抑えるので精一杯だったりする。

「いっやー初だねー早く家に連れてこいよーまぁ、反対してやるが」
「……トコトン素直じゃねぇんだな。テメェは」
「息子に褒めて貰えるなんて煉君うれちぃ★」
「…………」

その、あからさまですっごいキモいぶりっこで鋼牙のテンション急降下。
この親父……やはり、デキる!!

「あー、もう。何でもいいからそのキモい演技やめろ。客に迷惑だ」
「なっはっは。そう言うな息子よ。こっちも立場上は最初は反対をしなくちゃいけねぇんだ」
コーヒーを飲みながら、ケーキを嬉しそうに食べる中年。鋼牙はちょっとした違和感に気づく。

「なぁ、親父……」
「ん? どうした??」
「親父って……甘いもん好きだったっけか?」
親父は実家では甘い物を食べた事がない。
いくら、俺が作っても「いらん」の一言で突っ返される。
ここではコーヒーしか飲まないからましてや違和感があったのだ。

「ああー……」
そういえばそうだったな。と小さく呟いた後。
「まぁ、俺の家だとよ。下の奴に見られるだろ?」
「ああ、そうだな。皆泊まり込みだからな」
「だから、威厳を保つためと一応イメージを壊さねぇようにあんま食わないようにしてんだよ」
もふもふとケーキを食べながら答える煉太郎。
「あ? ってぇ事は……実際は?」
「おう。すっげぇ好きだぞ? 甘味は。お前が菓子作るたびにどんだけお前を恨んだか」

そんな殺気を店長だけに向ける父親。
流石に長年見てきたからそれが本気だってのが分かるから怖い。

「へーへー分かった。これからはあんま作らねぇよ」
「おう。まぁ、自室でこっそり食ってるからいいんだけどな」
「食ってんのかよ!!」

そんな突っ込みを入れると親父が食べ終わった皿と飲み終わったカップをこっちに押し付けてくる。
「ふぅ……ごっそうさん。うまかったぜー♪」
ニコニコする親父。まぁ、客にそんな事言われたら
「おう。毎度あんがとうなー」
そう、返さずにはいられねぇのが嫌な所だな。

「あ、そうそう。鋼牙ー」
ふと、親父が金と一枚紙きれをカウンターに出す。
「ん? 何だ? これは?」
「おう。後でよ。そこに書いてあるもん持ってきてくれねぇか? 俺の家に」
「ああー? 何で俺が行かなきゃいけねぇんだよ」
「まぁ、いいからいいから。そんじゃあよろしくなー」

有無を言わさず店を出る親父。

「全く……しゃーねぇなー」
苦笑しながら鋼牙は金と紙を握りしめた。

【続く】 このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

ミリア&鋼牙
  • Author: ミリア&鋼牙
  • イラストの注意書きなのですよ

    この作品は、株式会社トミーウォーカーのPBW
    『TW2:シルバーレイン』用のイラストとして、
    ミリア、鋼牙が作成を依頼したものです。
    イラストの使用権はミリア・シルフィストと天照・鋼牙に、
    著作権は各イラストマスターに、
    全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します

Search

Calendar

05 « 2018/06 » 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

FC2カウンター

プロフィール

ミリア&鋼牙

Author:ミリア&鋼牙
イラストの注意書きなのですよ

この作品は、株式会社トミーウォーカーのPBW
『TW2:シルバーレイン』用のイラストとして、
ミリア、鋼牙が作成を依頼したものです。
イラストの使用権はミリア・シルフィストと天照・鋼牙に、
著作権は各イラストマスターに、
全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

俺の娘

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。